オンラインセミナー



基本セミナーの画像



開催日の画像
zoomの画像


この度、自動車 内装用 プレス金型の設計・製作を行っている応原工業株式会社では『「自動車 内装用 プレス金型」の基本セミナー』という題目で無料セミナーを開催いたします。

プレス成型品に関わるエンジニアの方なら知っておきたい、成形条件や金型の温度管理などの品質不良の問題、さらにはコストダウンのポイントについてお伝えいたします。

現在、自動車 内装部品の新規参入をお考えの方や、既に自動車 内装部品を設計・製造している方にお役立ちいただける内容となっています。

金型成形品の品質不良やコストダウンでお悩みの方は是非ご参加ください。

お申し込みはこちら


セミナーで使用する資料の一部をご紹介

クリックで画像を拡大できます。

資料の画像
資料の画像
資料の画像

セミナー概要

テーマ 設計・開発・生産技術エンジニアの為の「自動車内装用プレス金型」の基本
セミナー内容
  • 自動車内装部品等、シート材プレス金型の基本とトラブル防止のポイント
  • 成形加工とトリム加工同時加工による工程集約・コストダウン技術について
  • 金型製作のプロセスと必要な設備・加工技術について
  • 実際の開発・改善事例について
日時 2022年8月26日(金)13時30分~14時30分
参加費 無料
開催形態 オンライン(Zoomにて実施いたします)
お申込み方法 下記フォームより必要事項をご記入の上、送信ください
主催 応原工業株式会社     詳細は本ページ下部をご覧ください。


参加お申し込みフォーム

必須貴社名

必須部署名

必須役職名

必須氏名

必須メールアドレス

必須電話番号

任意郵便番号

必須勤務地

都道府県

市区町村

丁目番地

任意備考

個人情報の取り扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご一読ください。

 




セミナー主催会社 応原工業株式会社について

社屋

成形とトリム同時加工可能なプレス金型技術で

自動車内装用プレス加工品のコストダウンに貢献します!



応原工業の特徴

特徴①:成形とトリム同時加工可能なプレス金型による工程集約・コストダウンを実現

コストダウンの画像

弊社では、成形とトリムが同時に加工可能な「成形同時トリムピアス金型」を製作しています。この金型により、成形工程とトリム工程の2工程を1工程(1ショット)に短縮可能になります。そのため、1型分の型費や、型の保管・管理コストの削減、また省人化を実現します。平均約30%、最大40%もコストダウンできた事例がございます。

特徴②:成形同時トリムピアス型による成形品の品質向上を実現

トリムピアス金型の画像

弊社の「成形同時トリムピアス金型」は、成形とトリムを1型で行います。そのため、トリム型やウォータージェットなどの他方式と比較し、トリムラインが正確で寸法公差がでます。また、トリムピアスの刃入れ方向を設定可能なため、表皮の先切れや伸びのコントロールが可能です。こうした金型特性により、成形品の品質向上を実現することが可能です。

特徴③:Tier1メーカーとの開発・改善実績多数あり 設計段階からの技術提案

商談の画像

弊社は、創業以来50年以上、金型の設計・製作に関する開発・改善活動をTier1メーカーを含む様々なお客様と行って参りました。

高い技術力により、お客様の課題に対して最適な解決策をご提示させていただいており、本社のある広島県のみならず、全国各地のお客様との開発・改善実績がございます。

事例の一部を下部に掲載していますので是非ご覧ください。



開発事例

トランクサイド

トランクサイドの画像

トランクサイド

こちらは、トランクサイドです。インジェクション部品を製作されているTier1メーカーから、防音・吸音仕様を実現するために新たにプレス部品に参入されたいとのことで、ご相談をいただき、試作型(同時トリムピアス型)を製作いたしました。

こちらの成形品は、メーカー様が独自の材料を採用されており、その材料特性に合わせて金型を設計・製作しています。

EVのバッテリーカバー部品

バッテリーカバーの画像

EVのバッテリーカバー部品

こちらは、EVのバッテリーカバー部品です。ある材料メーカーから自動車部品に参入したいとのことでご相談をいただき、金型を製作いたしました。

バッテリーが発火しないように、絶縁性の材質を使用しています。試作型を製作し、検証を行い問題がなかったので、量産前ぶつ取りを行い、納品いたしました。今回のケースでは、試作型の製作開始から約1年で量産に至りました。




改善事例

試作型製作 コストダウンと短納期を実現

試作型製作の画像

試作型製作 コストダウンと短納期を実現

一般的な試作型に比べ、構造を最大限シンプル(ダイとパンチのみ)にすることで、試作型の製作費と製作時間を大幅に削減しています。

熱型、冷却型(熱硬化性樹脂、熱可塑性樹脂)共に対応可能です。

樹脂パッド コストダウンと軽量化を実現

樹脂パッドの画像

樹脂パッド コストダウンと軽量化を実現

トリム型の製品押さえを鋳物から樹脂に変更することで、マシニング加工及び仕上げ加工の工数を削減すると共に、軽量化を実現しています。



成形品事例

フェンダーライナー

フェンダーライナーの画像
  • フェンダーライナーの画像
  • フェンダーライナーの画像

フェンダーライナー

こちらは、フェンダーライナーです。成形材料は熱可塑性樹脂で、冷却性同時トリム金型で製作しています。

部品形状を展開することで深絞り形状もワンショットで成形しているため、コストダウンと短納期を実現しています。

トランクサイド

トランクサイドの画像
  • トランクサイドの画像

トランクサイド

こちらは、トランクサイドです。成形材料は熱可塑性樹脂で、冷却性同時トリムピアス型で製作しています。深絞り形状及び多数のピアスもワンショットで成形しています。

ライフレフトで4部品取り型もできます。アンダー成形同時トリムも一部可能です。

インシュレーター

インシュレーターの画像

インシュレーター

こちらは、インシュレーターです。外周及び、製品内、ピアスも全周同時トリムを実施しています。通常、2工程目でトリムピアスします。

また、周長の長いトリムライン部品で多数個取りを実現しています。

インシュレーター

インシュレーターの画像

インシュレーター

こちらは、表皮、裏皮にアルミ材を使用したエンジン用インシュレーター部品です。アルミのため、遮熱機能があります。

アルミ材でも同時トリムピアス可能で、多数個取りを実現しています。





自動車内装用圧縮成形金型の製作実績の画像
アンダーカバー
エンジンルームインシュレーター
カウルアウターインシュレーター
クウォータートリム
デッキサイドRH/LH
ルーフヘッドライニング
トランクサイドトリム
トンネルサイレンサー
フードインシュレーター
フロアアンダーカバー
フロントフェンダーライナー
リアマッドガード
ホイルエプロンインシュレーター
ラゲージトリムフロント
リアパッケージ
ルームパーティション
その他 リトラクタースクリーン



会社概要

社名 応原工業株式会社
代表者 代表取締役社長 應原 弘圭
所在地 〒739-0153

広島県東広島市吉川工業団地8-11
電話番号 082-429-0553(代)
FAX 082-429-0417
設立年月 1967年(昭和42年)8月
資本金 2,080万円
従業員 20名(2022年4月現在)
事業内容
  • 自動車内装用圧縮成形金型(自動車内装用プレス金型)の設計・製作
  • プレス用金型の設計製作
  • 検査及び組立治具の設計製作
  • 自動化機器・装置の設計製作

セミナーへのお申し込み、ご質問・お問い合わせはこちら